未分類

本当に信頼できる獣医師は?

 ←私の隠された黒い真実!? →医師はいったい何を診ているのか?
年甲斐もなくライダーズジャケットが
どうしても欲しい私です。
以前もブログで同じ事を書きました(笑)
あの時は真っ白のジャケット!
今考えると46歳で真っ白のライダーズは?です(笑)
買わなくて良かった。
でもライダーズジャケット欲しいなー。

我が家のワンコ逹は
お泊まりにきたワンちゃんとも
よーく遊びます!
ホテルをご利用くださるお客さんには
ワンコ逹と遊ぶ!を楽しみにされる方も多いです。







ちょっぴり寂しいホテルも
ワンコ逹との遊びで
気分転換になります。

私のようにペットのお店を経営していると
お客さんによーく聞かれる事があります。
それは何処の動物病院がいい?です。
確かに色々なお客さんから
各病院の話はよく聞きます。
ただ、そのほとんどは悪評です。
まー仕方ないです。良い事ってあまり言わないものですから。

聞くお話の中には
えっ!?と耳を疑うような事も度々!
あくまでも聞いた話なので
お客さんに聞かれても
私は隣町の病院に行ってるからと
基本的には言います。

お客さん逹が体験した話を総合すると
ここの病院はここが苦手なんだーとか
先生はこんなタイプなんだー
ということは分かってきます。

私はカウンセラーなので
病名の判断などは当然しません。
お客さんの相談に喜んでのりますけど。

病院でこう言われたけど
本当に診断が正しいか不安なんだよねー。
なんて相談は度々あります。

私に相談する時点で
病名や治療法などに疑問
医師に対する信頼感がないのでしょう。
私は何で納得できるまで
医師に話を聞かないの?と言います。
確かに聞くのが苦手な方もいますが
中には質問を受けつけないように威圧的だったり
パッパッパと診察を終え
その時間さえ与えてくれない医師もいます。
バカな話です。
オーナーは愛犬の状態を把握したいのは
当たり前の事なのに!

それにパッパッパの診察で
本当に病名が判断できるか疑問です。
書けないけど実際問題悲しい結果になる場合もある。

私は疑問や納得がいかないのであれば
セカンドオピニオンするべき!と言います。
二度手間になるかもしれないが
疑問を持ちながら時間をすごすよりは
よっぽどいい!と思います。
最初の診断が正しいなら
治療を続けるといいし。
違う場合もあります。
違ってはいけないけど
結構な確率である事なんです!
病名の判断が違ったり
治療法が違っていたり
中には病気でもないのに
病名をつけられ薬を処方される!
もうここまで来たら
何を信じ誰を頼ればいいのか?
分からない事態です。
でも、これが現実です。

本当に信頼できる獣医師はいるのか?
私には正直分からない。

病気を治してくれたら名医!
治せなかたらヤブ医者!って事になります。
この考えも正解ではない!と思います。

私から言えるのは
納得や理解できるまで
医師に説明を求める。
疑問があればセカンドオピニオンを受ける!です。

本当に信頼できる獣医師はいるのか?
難しい問題ですね。

本田翼はどんどん綺麗になるなー♪(笑)

ランキング参加中
ポチっとお願い!
にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【私の隠された黒い真実!?】へ
  • 【医師はいったい何を診ているのか?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【私の隠された黒い真実!?】へ
  • 【医師はいったい何を診ているのか?】へ